近況報告・鉄

珍運用・車内設備・駅訪問がメインなブログ。
※注意 特に記載のない限り、投稿時のダイヤのものです。

駅★訪問 -どんな駅でも魅力的- 第22回 土合駅(その1)

駅★訪問 -どんな駅でも魅力的-
CIMG9382.jpg
第22回は、上越線、土合駅を2回に分けて紹介していく。

ホームは、計2面2線。まずは、上り(2番線)から見ていく。
CIMG9375.jpg

ホームには、待合室以外の建物が見当たらない、とてもシンプルな駅である。
CIMG9365.jpg

唯一の建物である、待合室もいたってシンプル。
CIMG9367.jpg

山に囲まれた、ものすごく自然豊かな駅である。このような壮大な写真も撮れてしまう。
CIMG9371.jpg

ホームは長ーい。端のほうは黄色の点字ブロックではなく、白線。
CIMG9384 - コピー

駅標がこんなところに・・・!
CIMG9368.jpg

この写真は、下写真の丸印から撮影したもの(加工済み)である。
IMG_0446.jpg
CIMG9373.jpg

個人的に、こういった1面1線の駅(いわゆる「棒線駅 単線で交換っ設備のない駅」)が好きだったりする。(※土合駅はちょっと事情が異なるが。)

下り(1番線)は次回に。

~予告も兼ねたハプニング~
土合駅で、乗ってきた列車を撮影しようとわずかな時間で撮った写真
CIMG9336.jpg
これ、私以外の撮影者さんも撮ってしまったと思う。仕方ないけど。
関連記事

駅★訪問 -どんな駅でも魅力的- 第21回 古見駅(姫新線)

駅★訪問 -どんな駅でも魅力的-

第21回は、姫新線 古見駅(岡山県)の紹介。
CIMG9004.jpg
今回はローカル線の駅。1面1線の無人駅である。

乗ってきたキハ40を撮影。
CIMG9001.jpg
ものすごく空模様が不安定。実際この後雨が降るのだが。

駅からは、壮大な景色が広がる。
CIMG9008.jpg

屋根付きの待合室。ゴミ箱もある。
CIMG9011.jpg

奥まったところに駅があるので、道路からちょっと目立たない位置にある。
CIMG9021_20170730230956865.jpg
CIMG9016.jpg
無人駅によくある、花のプランター。地元の人の手入れお疲れ様です。

さて、折返しの列車が来るまであと20分ぐらいある。
待合室のベンチに座っていると、散歩中のおばあちゃん(90歳)と出会った。
そこで少し話す。岐阜から来て、今日もう帰ると伝えたらびっくりされた。
駅に広がる景色の良さなどを伝えたり、反対にこの周辺のことを聞いたり、
なかなか味わえない時間を過ごした。

ということで、折返しの津山行きが来たので、再び戻る。
CIMG9034 - コピー


いい景色で、絶対に単行のキハ40が似合いそうな場所。機会があれば、撮影のためにまた行きたい。
CIMG9023.jpg

なお余談であるが、列車が来た瞬間に雨が降り出し、濡れずに済んだ。が、列車が遅れてその後姫路で駅そばが食べられなかったと。
関連記事

珍路線に乗ってみた ブログ編Vol.4 名古屋市交2本立て(印.高)(森.藤)

名古屋市交通局では、出入庫系統がいくつか設定されている。
このブログでも、以前に稲.本を紹介したが、今回は2系統同時に紹介していこうと思う。

まず紹介するのは、
印.高 高蔵寺17:55 → 印場18:32

この系統は、なんと1日1往復のみ(印場→高蔵寺は朝のみ、高蔵寺→印場は夕方のみ)である。
CIMG8931.jpg
これはおそらく、志段味巡回(小幡-高蔵寺-東谷山フルーツパーク)の送り込み運用だと推測される。

高蔵寺まで志段味巡回で来て、印・高を待っていたら、先ほど乗ってきたバスが来た。
CIMG8937.jpg
東尾張病院南までは志段味巡回とほぼ同じルートだが、そこから藤丘12のルートで印場へ向かう。印場駅は通らない。
CIMG8943.jpg

私が乗ったのは、日曜日の夕方であったが、途中で一人乗ってきたのみである。
CIMG8941.jpg
印場に着いたが、完全に途中停留所だった。
CIMG8942.jpg
ふと後ろを見ると、1日2回のみしか使われてそうな幕だった。これが印場の停留所。



さて、印場から少し歩いて印場駅へ。次はこちら。
森.藤 印場駅18:45 → 藤が丘19:04 ※実際は大森車庫発
CIMG8948.jpg
特徴としては、印場駅から印場を通る唯一の系統である点である。なお、藤丘11とは経路が微妙に違う。
CIMG8954.jpg
なお、大森車庫発だが、誰も乗っていなかったし誰も乗ってこなかった。
CIMG8956.jpg
藤が丘駅にて。右側が、森.藤。LEDがそのままだった。

名古屋市交通局では、他にもたくさんの出入庫系統があるので、皆さんも乗ってみては?
CIMG8951.jpg
印場駅のターミナルに入ってくる森.藤。
関連記事
[ 2017/07/19 00:10 ] バス | TB(0) | CM(0)

[鉄道座席論]313系車内学 その4 2000番台オールロングシート(静岡地区)

静岡地区には、オールロングシートの313系が運用されている。
そんな、オールロングシートの313系2000番台の車内を見ていく。(特記なき写真は、モハ313-2512)

●全貌
m3132512.jpg
グレーの床に青色モケットの座席が並ぶ。通路部分はちょっと薄い色になっている。

●車端部 4人掛け
m3132512s_201706220417576cc.jpg
1000番台と異なる点は、仕切りの部分が斜めになっている点である。デザイン的には美しいが、ひじ置きとしては・・・。
CIMG8465_2017062204225529b.jpg
なお、壁側は、一応水平に近いものの小さすぎて肘が置けない仕様。
CIMG8457_20170622042205e94.jpg
車端部には消火器が備え付けられている。ちょっとここはハズレな場所に。

●中央部
m3132506.jpg
3+4+3の10人が座れる仕様。バケットシートでかつ真ん中には2か所のスタンションポールが設置されており、着席定員を守りやすいものとなっている。(モハ313-2506)
CIMG8415.jpg
しっかり裏地までついてはいるが、車端部と同じく、仕切りは斜め。
CIMG8410_2017062204363793c.jpg
窓割りは3000番台と同じであるが、フックは省略されている。日よけはほかの313系と同じく、好きな場所で止められる。

●優先席
m2506.jpg
車端部の4人掛けが優先席になっている。オレンジ色のモケットにつり革と一目でそれとわかる配色。(モハ313-2506)

●ドア回り
2506.jpg
押しボタンが設置されている。(モハ313-2506)

関連記事
[ 2017/06/22 04:45 ] 車内学 ・ 鉄道座席 | TB(0) | CM(0)

夜行バスで行く、平日東京の旅


火曜日20:00、仕事から帰宅、すぐに夜行バスを往復予約する。

名古屋駅太閤口 ゆりの噴水前 夜行バスの集合所として有名。
CIMG8824 (640x480)
ここで受付や集合して、バスの停まっている場所へ向かう。

今回選んだのは、
さくら観光 名古屋23:30集合⇒東京・池袋 リラックス4+
CIMG8826 (640x480)
ネットで予約し、片道なんと1900円。4列ではあるが、結構広い。

さて、池袋に着く。寒い。のどが渇いたので目の前の西友でウーロン茶を購入。
24時間スーパーってコンビニと比べて安いため、こういう時便利。

さて、池袋駅の雑踏に飲み込まれながら、朝飯の場所を探していると、とある出口にモーニングを提供している店があったので、おなかが空いていたので即決。
BECK’S COFFEE SHOP池袋西口
CIMG8827 (640x480)モーニング3 390円
さて、この後はカラオケに行く予定だが、10時開店まで時間があったが、たまたま浅草雷門行きのバスが停まっていたので、それに乗り込む。

浅草雷門。小雨が降っていたが、傘をさすほどでもない。
CIMG8832.jpgCIMG8831.jpg
修学旅行生とみられる団体が集合撮影をしていた。中も少し見たが、朝が早いので、開いている店は少ない

西巣鴨経由で巣鴨へ向かう。
CIMG8836 (640x480)CIMG8837 (640x480)
一つ寄り道。尾久駅。奥に見える「OKU」はトイレらしい。

巣鴨のカラオケの鉄人へ。ここは1つの部屋で、機種(DAM,JOY,UGA,カラ鉄)関係なく歌える。マニアックな歌を歌いたい人にはもってこいなカラオケ店。
CIMG8842 (640x480)CIMG8845 (640x480)
左:えまーじぇんしー!! (I'S 2ME !) カラ鉄のみ
右:true my heart (ave;new feat.佐倉紗織)UGAのみ

昼食のために神保町経由で浅草橋へ。
ちなみに今回は都営まるごときっぷ(都電、都バス、都営地下鉄、舎人ライナー乗り放題)を使用。

昼食はここで。
CIMG8848 (640x480)CIMG8846 (640x480)
『元祖バカ盛り丼 ハイブリッド酒場』
からあげ15に挑戦。写真ではわかりにくいが、結構なボリューム。
出来立てでアツアツなからあげを一生懸命食べる。
5個ぐらいでちょっと飽きてくる。10個ぐらいできつくなるが、15個食べ切った。
大食いでから揚げ好きな人はぜひ挑戦してみては?
ちなみにこれで500円。ごはん大盛りも無料。(唐揚げは5個10個15個選べるが量にかかわらず500円)

少し時間があったため、秋葉原の店を少し覗き、次へ向かう。
バスで東大を経由するみたいなので、降りてみる。次の目的地は「お札と切手の博物館」
バスと都電を乗り継ぎ、王子(おうじ)へ。
CIMG8858 (640x480)CIMG8860 (640x480)
平日の昼という全く誰もいなかったため、スタッフからの詳しい解説をしていただきながら、博物館を堪能する。

ここまで、歩き続けたため、疲れがピークになり、寝てしまい都営三田線を行ったり来たり。
西高島平へ下車。少し歩けば埼玉県和光市。
CIMG8862 (640x480)CIMG8865 (640x480)
和光市に入ったすぐあるマクドにて。

疲れをいやすために、銭湯へ。
戸越銀座に向かう。予定では食べ歩きだったが、昼のからあげがお腹にどっしり来ていたためパス。
CIMG8871 (640x480)CIMG8874 (640x480)
いったん五反田で下車。100均でマスクを買う。(帰りの夜行バスに備えて)

さてあとは東京駅へ向かうのみ。時間もちょうどいい感じ。最後は宝町。ここから徒歩で向かう。
ちょっと小腹が空く。東京駅に向かうまでにどこかで食べようと思うと、カレー屋を発見。
CIMG8877 (640x480)CIMG8876 (640x480)
『日乃屋カレー』 八重洲二丁目店 ※写真は7分盛り
最初は甘い、、、となるが、後で辛さが来る。かといって、ヒーヒーと辛かったり、痛くなったりではなく、
気持ちいいぐらいすっきりした後味でおいしくいただける味である。これはまた機会があれば行きたい。

東京の夜行バス集合所へ。待合室は人があふれていた。
CIMG8879 (640x480)
バスもいろんな種類のものが停まっている。

そして帰りの名古屋行きの夜行バスはこちら、
≪J得割≫JAMJAMライナー41便 東京⇒名古屋南 
3列独立で2800円。破格の安さ。そして快適さは、4列の比ではない。
CIMG8881 (640x480)
無事に名古屋に到着。寒い。(2回目)

交通費、食費もろもろ1万円で十分東京を楽しめた。
関連記事
[ 2017/06/15 08:20 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

train18

Author:train18
鉄道、バス記事を更新していきます。

オススメ記事
582Dの記録
582D・・・27.3.14改正で消滅した、気動車で運行されていた名古屋発大府行の最終列車。
JR東海の珍運用
JR東海のちょっと変わった運用の記録。過去のものも紹介しています。
カレンダー
<< 09
2017
>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
全記事表示リンク