FC2ブログ

近況報告・鉄

珍運用・車内設備・駅訪問がメインなブログ。
※注意 特に記載のない限り、投稿時のダイヤのものです。

車内学/鉄道座席 ブログ編第1講座 373系

今回は373系の車内について。

373系
P1040946.jpg
いちばん有名なのは、「ムーンライトながら」だろうが、いつの間にか車両が変更になり、
そしてこの春(2013.3)の改正でホームライナーや米原~大垣の運用がなくなり、
だんだん減っている気がするが、、、 そんな373系を紹介する。


1.全貌
P1050128.jpg
紫色のシートが並ぶ、豪華なイメージ。
しかし、客室とデッキの仕切り扉が無い。これについては後ほど。
P1050129.jpg
斜めから。回転リクライニングシートの座席が並ぶ。


2.座席
P1050305.jpg
真ん中の肘置きは自由に上げ下げできる。リクライニングするとこんな感じ。
P1050146.jpg
テーブルは肘置きの中に収納されており、出してみると下の写真のよう。
P1050164.jpg
背面は網袋と下に簡単な足置きが設置されている。


3.扉付近
P1050309.jpg
373系は、合わせデッキと客室との扉が無い。しかも、ドアは両開き。


4.セミコンパートメント席
さて、373系の最大の特徴として、車端部のセミコンパートメント席(簡単に言えばボックス席)がある。
P1050205.jpg
もちろん仕切りとなる扉はない。
SH3E0608.jpg
中央に大きな机があるのが目につく。ここはリクライニングしない。

ちなみに同じくセミコンパートメント席を持つ313系8000番台と比較してみる
P1060490.jpg
373系のほうが若干机が大きいことがわかる。


さて、373系の車内についてざっくりと紹介してみましたが、いかがだったでしょうか。
豊橋以西(名古屋地区)では運用はなくなったが、静岡地区の「ホームライナー」や「さわやかウォーキング」
での運用が増えたみたいなので、機会があれば乗ってみてはどうだろうか。
もちろん、特急「伊那路」、「ふじかわ」として運用されている。

次回こそ117系車内を取り上げたい。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/05/03 03:26 ] 車内学 ・ 鉄道座席 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

オススメ記事
582Dの記録
582D・・・27.3.14改正で消滅した、気動車で運行されていた名古屋発大府行の最終列車。
JR東海の珍運用
JR東海のちょっと変わった運用の記録。過去のものも紹介しています。
313系ランダム車内写真
テスト表示中
カテゴリー
カレンダー
<< 09
2018
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -