近況報告・鉄

珍運用・車内設備・駅訪問がメインなブログ。
※注意 特に記載のない限り、投稿時のダイヤのものです。

駅★訪問 -どんな駅でも魅力的- 第14回 綾瀬駅

入場券が発券できない駅 綾瀬駅(2015/8/16訪問 2015/11/29再訪問)
CIMG6288.jpg
JRなのに入場券が発券できない駅、綾瀬駅へ行ってきた。
といっても無人駅ではなくむしろ東京都内の駅。もちろん乗降者数も他の駅と比べて多い。
なぜ、この駅が入場券を発券していないのだろうか?実は、この「共同駅」というのがミソ。

綾瀬駅は、JR東日本常磐線(常磐緩行線)と、東京メトロ千代田線との共同駅。ちなみに、東京メトロが管轄をしている。
ちゃんと駅員もいる駅なのにどうして入場券がないのか。それは、メトロが駅の管理をしているからである。そして、そのメトロは、入場券自体を取り扱っていないからである。
理由としてはシンプルであるが、一応JRの駅なのに発券しないとはものすごい不思議だ。
cd3776.jpg
写真はメトロ車とJR車の並び。

駅構造に関しては、メトロ千代田線支線(北綾瀬方面)、常磐線快速通過線(ホームはない)を除けば、フツーの2面3線である。
メトロ管理なだけあり、駅標をはじめとする案内はすべてメトロ仕様である。
G5736.jpg
入口(西口)。

C457.jpg
JRの常磐線だけなのに、メトロ仕様の案内。

CIt45.jpg
ぱっと見は、メトロの駅。駅標も、案内もメトロ仕様。18きっぷなどJRの切符で来るとちょっと違和感。

CItb5790.jpg
乗り入れの小田急車も見ることができる。なお、現在(2015年)、小田急車は綾瀬駅以降のJR線には入線できない。

綾瀬駅に関しては、入場券が発券できないちょっと変わった駅として片付けられるが、隣の北千住駅との運賃問題など(通称:迷惑乗り入れ、綾瀬問題)調べれば調べるほど複雑なことがわかる。

まずは、隣の北千住駅まで行くことを考える。
edded3.jpg
綾瀬駅で撮影した、東京メトロの運賃表である。
さて、東京メトロの初乗り運賃は170円(切符購入の場合)であるが、隣の北千住駅までは140円である。

これは、北千住~綾瀬間は東京地下鉄とJR東日本の二重線籍扱いであり、その場合の運賃は、安い方、つまり現在はJR東日本の運賃(140円)が適応されるとのことらしい。

ちなみに、JRの運賃表はというと、
CIMG6291.jpg
こうなっていた(2015/11/29訪問)。実は、2015年8月に訪問したときは、
CIMG5734.jpg
こうなっており、なぜか北千住の140円が消されていた。しかしながら隣の亀有駅までも140円なので、140円きっぷは買える。
北千住へ行きたい人は、メトロの券売機で買うこと。
CIMG6295.jpg
ご丁寧に、北千住140円と表示がある。購入すると、綾瀬▶北千住 という変わった切符を見ることができる。

なお、千代田線 綾瀬・北千住間の運賃の詳細に関しては、こちら(東京メトロHP 特殊な運賃)を参照。

最後に、この駅は先ほども書いた通り、メトロが管理している。もちろんそこにいる駅員もメトロの方。
JRの切符は買えるのだろうか?ということで2つの切符を買ってみた。

1.都区内パス
JR内の「東京23区内の普通列車(快速含む)の普通車自由席が乗り降り自由のきっぷ」である。
もちろん、常磐線の北千住~金町も乗車できるし、メトロ管理の綾瀬駅も乗車、下車できる。
購入場所は、JR専用の券売機。切符もごく普通のもの。

2.長距離切符
近距離なら、先ほどの券売機で全く問題なく購入ができる。では、新幹線や600km以上の切符はどうだろうか?
券売機では買えないから、とりあえず有人窓口へ行かなければならない。
しかし窓口と思われる定期券売り場は朝7:40まで開かない(訪問時は7:00)。
あきらめようとしたところ、よく見ると隣の窓口が開いているし、ちゃんと「JRの遠距離きっぷ」とある。
CIMG6293.jpg
対応していただいたのは、メトロの方。
私「新幹線の切符って買えますか?」
駅員「はい、買えます」
私「新幹線自由席の、東京から名古屋と、東京都内から赤坂まで乗車券」
駅員「?赤坂?」
私「あ、美濃赤坂です」
駅員「ミノ...アカサ..カ?」
・・・
というわけで発券。
(補足:赤坂駅は、地下鉄メトロ千代田線赤坂駅のことで、綾瀬駅から13番目の駅、美濃赤坂駅はJR大垣駅より赤坂支線へ乗り換え2駅先の駅であり、地元の人は自然な感じで美濃赤坂駅を「赤坂駅」という。)
CIMG6307.jpg
(社)綾瀬駅A発行 というのがまたおもしろい。

※通常、私鉄との共同使用駅は、切符の購入が限られている。ただ、綾瀬駅はもともと国鉄独自の駅であるため、このような遠距離切符を扱っているという歴史的な経緯がある。(参考文献:鉄道会社はややこしい/所澤秀樹 著)

というわけで、「入場券が買えない駅」という、ちょっとしたきっかけで調べた綾瀬駅であるが、調べてみると様々な経緯を持った複雑な駅であることがわかり、つい2回も訪問してしまった。


皆さんの近くにも、面白くも複雑な駅があるかもしれない。

<追記>
そして2017年夏、青春18きっぷのハンコを押してもらう。
DG_Yo5BUIAITGAC.jpg
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

オススメ記事
582Dの記録
582D・・・27.3.14改正で消滅した、気動車で運行されていた名古屋発大府行の最終列車。
JR東海の珍運用
JR東海のちょっと変わった運用の記録。過去のものも紹介しています。
313系ランダム車内写真
テスト表示中
カテゴリー
カレンダー
<< 07
2018
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -