近況報告・鉄

珍運用・車内設備・駅訪問がメインなブログ。
※注意 特に記載のない限り、投稿時のダイヤのものです。

駅★訪問 -どんな駅でも魅力的- 第25回 船町駅

駅★訪問 -どんな駅でも魅力的- 第25回 船町駅 ド迫力
(※2回に分けて取材したため、時期、天気など異なってます)
CIMG8624.jpg

豊橋から飯田線を1駅、1.5km。東海道本線からも見える船町駅。
先日紹介した下地駅のように、名鉄の車両も見ることができたり、JRでも一部列車が通過(もちろん、名鉄の列車は全通過)したりするのは同じだが、ここの駅の特徴は、
CIMG8618.jpg
こんな感じの割とド迫力な写真を撮ることができる。
(写真のように、屋根もなく線路より下の位置に出入り口があるため、安全に写真が撮れる。)

さらに、ちょっと離れているが、東海道本線のも撮れる。
CIMG8621_20180121155143a63.jpg


とっさに撮った珍しい、快速│豊橋 
P1060415.jpg

駅舎と列車
P1060390.jpg
※駅の前の道は、意外と交通量が多いので、撮影注意。

隣の下地駅とは、0.7㎞しか離れていない。
普通列車でも通過列車があり訪れにくいが、おすすめの駅である。
P1060386.jpg
スポンサーサイト

駅★訪問 -どんな駅でも魅力的- 第24回 木津川駅 (南海電鉄)

駅★訪問 -どんな駅でも魅力的- 第24回 木津川駅 南海電鉄汐見橋線 ~都会の中の秘境駅~
CIMG9670.jpg

どんな駅なのかを簡単に説明すると、
関西の大手私鉄である、南海電鉄の駅。場所は、大阪市内。難波まで約3㎞。
・・・しかし、1日の利用客は100人程度。
(参考:根府川駅600人程度 美濃赤坂駅300人程度 )
汐見橋線の本数は、1時間に2本(大阪市内で最小本数)

そんな木津川駅へ行ってきた。

駅舎
CIMG9680.jpg
もちろん無人駅。円形のおしゃれな駅舎も今では錆、ヒビがひどい(1940年)
なんと、駅前が舗装されてなく、砂利である。※大阪市内の駅です。

駅構内
CIMG9668.jpg
1面2線。ホームがところどころはがれている。

出口の自動改札が場違い感。
CIMG9677.jpg
なお、もともと貨物兼用駅であったため、その名残である分岐ポイントなどが残されている。
CIMG9679.jpg

駅周辺
CIMG9685.jpgCIMG9686.jpg
工場が多い。東側には公園等があり、ちょっとした住宅街となっている。
西側の落書きとゴミの多さ・・・

いわゆるローカル線の秘境駅のような自然の中というわけでもなく、鶴見線のように工場が栄えているわけでもなく、ただただ寂れた雰囲気が漂う。
CIMG9692.jpg

駅★訪問 -どんな駅でも魅力的- 第23回 湯檜曽駅

駅★訪問 -どんな駅でも魅力的- 第23回 湯檜曽駅
CIMG9244.jpg
上越線、水上駅から1駅。水上から来た場合、トンネルに入ったと思ったら駅がある、そんな駅が湯檜曽駅である。

さて、トンネルの中の駅を紹介していく。まず、降りた瞬間発した言葉は「寒い」
CIMG9238.jpg

ホームからはトンネルの入り口が見えるので、こういう写真も撮れる。
CIMG9330.jpg

さて、出口へ向かう。ちなみに階段などはなく、ちょっと傾斜が感じられるのみである。
CIMG9251.jpg

駅舎。シンプルな感じ。無人駅ながらトイレもある。
CIMG9317.jpg
さて、水上方面へは、階段を上って地上のホームになる。

ホームからの景色。ここから、ループ線が見える。
CIMG9281.jpg

列車が来るタイミングで、写真を撮る。
CIMG9289.jpg

ちなみに、待合室と駅ノートもあり、休むこともできる。(かなり暑いけど。暑いと思ったら地下ホームへ行けば寒いが)
CIMG9255.jpg

地上ホームの端から、上り下りの分岐点も見ることもできる。
CIMG9262.jpg

どうしても隣の土合駅が有名ではあるが、隠れた魅力のあるこの湯檜曽駅も訪問してみてはどうだろうか?
なお、旧駅跡というものもあるらしいので、興味がある方は調べて行ってみてもいいと思う。


CIMG9260.jpg
よく見ると、進行方向が分かる駅標。

駅★訪問 -どんな駅でも魅力的- 第22回 土合駅(その1)

駅★訪問 -どんな駅でも魅力的-
CIMG9382.jpg
第22回は、上越線、土合駅を2回に分けて紹介していく。

ホームは、計2面2線。まずは、上り(2番線)から見ていく。
CIMG9375.jpg

ホームには、待合室以外の建物が見当たらない、とてもシンプルな駅である。
CIMG9365.jpg

唯一の建物である、待合室もいたってシンプル。
CIMG9367.jpg

山に囲まれた、ものすごく自然豊かな駅である。このような壮大な写真も撮れてしまう。
CIMG9371.jpg

ホームは長ーい。端のほうは黄色の点字ブロックではなく、白線。
CIMG9384 - コピー

駅標がこんなところに・・・!
CIMG9368.jpg

この写真は、下写真の丸印から撮影したもの(加工済み)である。
IMG_0446.jpg
CIMG9373.jpg

個人的に、こういった1面1線の駅(いわゆる「棒線駅 単線で交換っ設備のない駅」)が好きだったりする。(※土合駅はちょっと事情が異なるが。)

下り(1番線)は次回に。

~予告も兼ねたハプニング~
土合駅で、乗ってきた列車を撮影しようとわずかな時間で撮った写真
CIMG9336.jpg
これ、私以外の撮影者さんも撮ってしまったと思う。仕方ないけど。

駅★訪問 -どんな駅でも魅力的- 第21回 古見駅(姫新線)

駅★訪問 -どんな駅でも魅力的-

第21回は、姫新線 古見駅(岡山県)の紹介。
CIMG9004.jpg
今回はローカル線の駅。1面1線の無人駅である。

乗ってきたキハ40を撮影。
CIMG9001.jpg
ものすごく空模様が不安定。実際この後雨が降るのだが。

駅からは、壮大な景色が広がる。
CIMG9008.jpg

屋根付きの待合室。ゴミ箱もある。
CIMG9011.jpg

奥まったところに駅があるので、道路からちょっと目立たない位置にある。
CIMG9021_20170730230956865.jpg
CIMG9016.jpg
無人駅によくある、花のプランター。地元の人の手入れお疲れ様です。

さて、折返しの列車が来るまであと20分ぐらいある。
待合室のベンチに座っていると、散歩中のおばあちゃん(90歳)と出会った。
そこで少し話す。岐阜から来て、今日もう帰ると伝えたらびっくりされた。
駅に広がる景色の良さなどを伝えたり、反対にこの周辺のことを聞いたり、
なかなか味わえない時間を過ごした。

ということで、折返しの津山行きが来たので、再び戻る。
CIMG9034 - コピー


いい景色で、絶対に単行のキハ40が似合いそうな場所。機会があれば、撮影のためにまた行きたい。
CIMG9023.jpg

なお余談であるが、列車が来た瞬間に雨が降り出し、濡れずに済んだ。が、列車が遅れてその後姫路で駅そばが食べられなかったと。
オススメ記事
582Dの記録
582D・・・27.3.14改正で消滅した、気動車で運行されていた名古屋発大府行の最終列車。
JR東海の珍運用
JR東海のちょっと変わった運用の記録。過去のものも紹介しています。
313系ランダム車内写真
テスト表示中
カテゴリー
カレンダー
<< 02
2018
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -