近況報告・鉄

鉄道・駅訪問など。
※注意 特に記載のない限り、投稿時のダイヤのものです。

駅★訪問 -どんな駅でも魅力的- 第23回 湯檜曽駅

駅★訪問 -どんな駅でも魅力的- 第23回 湯檜曽駅
CIMG9244.jpg
上越線、水上駅から1駅。水上から来た場合、トンネルに入ったと思ったら駅がある、そんな駅が湯檜曽駅である。

さて、トンネルの中の駅を紹介していく。まず、降りた瞬間発した言葉は「寒い」
CIMG9238.jpg

ホームからはトンネルの入り口が見えるので、こういう写真も撮れる。
CIMG9330.jpg

さて、出口へ向かう。ちなみに階段などはなく、ちょっと傾斜が感じられるのみである。
CIMG9251.jpg

駅舎。シンプルな感じ。無人駅ながらトイレもある。
CIMG9317.jpg
さて、水上方面へは、階段を上って地上のホームになる。

ホームからの景色。ここから、ループ線が見える。
CIMG9281.jpg

列車が来るタイミングで、写真を撮る。
CIMG9289.jpg

ちなみに、待合室と駅ノートもあり、休むこともできる。(かなり暑いけど。暑いと思ったら地下ホームへ行けば寒いが)
CIMG9255.jpg

地上ホームの端から、上り下りの分岐点も見ることもできる。
CIMG9262.jpg

どうしても隣の土合駅が有名ではあるが、隠れた魅力のあるこの湯檜曽駅も訪問してみてはどうだろうか?
なお、旧駅跡というものもあるらしいので、興味がある方は調べて行ってみてもいいと思う。


CIMG9260.jpg
よく見ると、進行方向が分かる駅標。
関連記事
スポンサーサイト

駅★訪問 -どんな駅でも魅力的- 第22回 土合駅(その1)

駅★訪問 -どんな駅でも魅力的-
CIMG9382.jpg
第22回は、上越線、土合駅を2回に分けて紹介していく。

ホームは、計2面2線。まずは、上り(2番線)から見ていく。
CIMG9375.jpg

ホームには、待合室以外の建物が見当たらない、とてもシンプルな駅である。
CIMG9365.jpg

唯一の建物である、待合室もいたってシンプル。
CIMG9367.jpg

山に囲まれた、ものすごく自然豊かな駅である。このような壮大な写真も撮れてしまう。
CIMG9371.jpg

ホームは長ーい。端のほうは黄色の点字ブロックではなく、白線。
CIMG9384 - コピー

駅標がこんなところに・・・!
CIMG9368.jpg

この写真は、下写真の丸印から撮影したもの(加工済み)である。
IMG_0446.jpg
CIMG9373.jpg

個人的に、こういった1面1線の駅(いわゆる「棒線駅 単線で交換っ設備のない駅」)が好きだったりする。(※土合駅はちょっと事情が異なるが。)

下り(1番線)は次回に。

~予告も兼ねたハプニング~
土合駅で、乗ってきた列車を撮影しようとわずかな時間で撮った写真
CIMG9336.jpg
これ、私以外の撮影者さんも撮ってしまったと思う。仕方ないけど。
関連記事

駅★訪問 -どんな駅でも魅力的- 第21回 古見駅(姫新線)

駅★訪問 -どんな駅でも魅力的-

第21回は、姫新線 古見駅(岡山県)の紹介。
CIMG9004.jpg
今回はローカル線の駅。1面1線の無人駅である。

乗ってきたキハ40を撮影。
CIMG9001.jpg
ものすごく空模様が不安定。実際この後雨が降るのだが。

駅からは、壮大な景色が広がる。
CIMG9008.jpg

屋根付きの待合室。ゴミ箱もある。
CIMG9011.jpg

奥まったところに駅があるので、道路からちょっと目立たない位置にある。
CIMG9021_20170730230956865.jpg
CIMG9016.jpg
無人駅によくある、花のプランター。地元の人の手入れお疲れ様です。

さて、折返しの列車が来るまであと20分ぐらいある。
待合室のベンチに座っていると、散歩中のおばあちゃん(90歳)と出会った。
そこで少し話す。岐阜から来て、今日もう帰ると伝えたらびっくりされた。
駅に広がる景色の良さなどを伝えたり、反対にこの周辺のことを聞いたり、
なかなか味わえない時間を過ごした。

ということで、折返しの津山行きが来たので、再び戻る。
CIMG9034 - コピー


いい景色で、絶対に単行のキハ40が似合いそうな場所。機会があれば、撮影のためにまた行きたい。
CIMG9023.jpg

なお余談であるが、列車が来た瞬間に雨が降り出し、濡れずに済んだ。が、列車が遅れてその後姫路で駅そばが食べられなかったと。
関連記事

珍路線に乗ってみた ブログ編Vol.4 名古屋市交2本立て(印.高)(森.藤)

名古屋市交通局では、出入庫系統がいくつか設定されている。
このブログでも、以前に稲.本を紹介したが、今回は2系統同時に紹介していこうと思う。

まず紹介するのは、
印.高 高蔵寺17:55 → 印場18:32

この系統は、なんと1日1往復のみ(印場→高蔵寺は朝のみ、高蔵寺→印場は夕方のみ)である。
CIMG8931.jpg
これはおそらく、志段味巡回(小幡-高蔵寺-東谷山フルーツパーク)の送り込み運用だと推測される。

高蔵寺まで志段味巡回で来て、印・高を待っていたら、先ほど乗ってきたバスが来た。
CIMG8937.jpg
東尾張病院南までは志段味巡回とほぼ同じルートだが、そこから藤丘12のルートで印場へ向かう。印場駅は通らない。
CIMG8943.jpg

私が乗ったのは、日曜日の夕方であったが、途中で一人乗ってきたのみである。
CIMG8941.jpg
印場に着いたが、完全に途中停留所だった。
CIMG8942.jpg
ふと後ろを見ると、1日2回のみしか使われてそうな幕だった。これが印場の停留所。



さて、印場から少し歩いて印場駅へ。次はこちら。
森.藤 印場駅18:45 → 藤が丘19:04 ※実際は大森車庫発
CIMG8948.jpg
特徴としては、印場駅から印場を通る唯一の系統である点である。なお、藤丘11とは経路が微妙に違う。
CIMG8954.jpg
なお、大森車庫発だが、誰も乗っていなかったし誰も乗ってこなかった。
CIMG8956.jpg
藤が丘駅にて。右側が、森.藤。LEDがそのままだった。

名古屋市交通局では、他にもたくさんの出入庫系統があるので、皆さんも乗ってみては?
CIMG8951.jpg
印場駅のターミナルに入ってくる森.藤。
関連記事
[ 2017/07/19 00:10 ] バス | TB(0) | CM(0)

[鉄道座席論]313系車内学 その4 2000番台オールロングシート(静岡地区)

静岡地区には、オールロングシートの313系が運用されている。
そんな、オールロングシートの313系2000番台の車内を見ていく。(特記なき写真は、モハ313-2512)

●全貌
m3132512.jpg
グレーの床に青色モケットの座席が並ぶ。通路部分はちょっと薄い色になっている。

●車端部 4人掛け
m3132512s_201706220417576cc.jpg
1000番台と異なる点は、仕切りの部分が斜めになっている点である。デザイン的には美しいが、ひじ置きとしては・・・。
CIMG8465_2017062204225529b.jpg
なお、壁側は、一応水平に近いものの小さすぎて肘が置けない仕様。
CIMG8457_20170622042205e94.jpg
車端部には消火器が備え付けられている。ちょっとここはハズレな場所に。

●中央部
m3132506.jpg
3+4+3の10人が座れる仕様。バケットシートでかつ真ん中には2か所のスタンションポールが設置されており、着席定員を守りやすいものとなっている。(モハ313-2506)
CIMG8415.jpg
しっかり裏地までついてはいるが、車端部と同じく、仕切りは斜め。
CIMG8410_2017062204363793c.jpg
窓割りは3000番台と同じであるが、フックは省略されている。日よけはほかの313系と同じく、好きな場所で止められる。

●優先席
m2506.jpg
車端部の4人掛けが優先席になっている。オレンジ色のモケットにつり革と一目でそれとわかる配色。(モハ313-2506)

●ドア回り
2506.jpg
押しボタンが設置されている。(モハ313-2506)

関連記事
[ 2017/06/22 04:45 ] 車内学 ・ 鉄道座席 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

train18

Author:train18
旅行記、駅訪問記、東海地方の珍運用をはじめ、鉄道、バス記事を更新していきます。

オススメ記事
582Dの記録
582D・・・27.3.14改正で消滅した、気動車で運行されていた名古屋発大府行の最終列車。
JR東海の珍運用
JR東海のちょっと変わった運用の記録。過去のものも紹介しています。
カレンダー
<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
全記事表示リンク